不動産を買いたい方へ

  • TOP > 
  • 不動産を買いたい方へ

住宅・土地・事業用物件のご購入も中央ハウジング

住宅・土地・事業用物件のご購入も中央ハウジング

JR高崎線「熊谷」駅、「籠原」駅周辺エリアの不動産(土地・中古土地付き一戸建て・新築土地付き一戸建て・事業用物件)をご購入されるなら、地元の優良物件を常時ストックしている熊谷市の株式会社中央ハウジングにご相談ください。地元密着型企業ならではの情報力・機動力を生かして、不動産を「買いたい」方を全力でサポートいたします。

中央ハウジングで不動産物件を購入するメリット

熊谷市で不動産売買に携わって40年。中央ハウジングは豊富な経験とノウハウを駆使して、物件選びからご購入、資金計画までをしっかりとサポートさせていただきます。

沿線の優良物件情報を常時ストック。多彩なカテゴリーも魅力

中央ハウジングは、JR高崎線「熊谷」駅、「籠原」駅、秩父鉄道「石原」駅など、主要沿線エリアの不動産情報を豊富にストックしています。住宅建築に適した土地はもちろん、中古土地付き一戸建て、区分マンションまで、幅広いカテゴリーの物件を常時ご紹介可能です。熊谷市内で優良な不動産物件をお探しなら、情報力で他社をリードする中央ハウジングまでご相談ください。

地元金融機関との連携で融資もスムーズ

中央ハウジングは創業40年の歴史を誇り、地元で長いお付き合いをさせていただいている金融機関があるため、不動産購入に伴う融資に関して、当社のお客様には優先的に融通していただいています。

たとえ中古物件や土地のみのご購入であっても、慎重な資金計画が必要な点は変わりません。地方銀行や地元の信用金庫と懇意にしている中央ハウジングなら、こうした金融機関からの融資を前提とした、無理のない資金計画をご提案できます。

中古物件は事前の建物診断(任意)で性能を確認できる

中古住宅の購入に際して、気になるのはやはり建物の経年劣化やそれに伴う性能低下でしょう。中央ハウジングでは、お客様のこうした不安を拭い去るため、ご要望に応じて建物調査(インスペクション)を実施。建物の諸性能が十分保たれているかどうか、検査いたします。その結果を見てから当該物件を購入されるかどうか決めれば、購入後に後悔するリスクは減らしていけるでしょう。

物件情報は不動産情報サイト「アットホーム」で多数掲載中

中央ハウジングが取り扱い中の不動産物件(土地・中古土地付き一戸建て・新築一戸建て・マンション)は、豊富な物件掲載で人気の不動産情報サイト「アットホーム」に掲載されています。こちらでは、一般的な住宅や土地だけでなく、空き店舗やオフィスなど事業用の物件も随時掲載されているため、ぜひチェックしてみてください。

不動産ご購入の流れ

STEP1情報収集
当サイトの取扱物件は、不動産情報サイト「アットホーム」で掲載されています。こちらのサイトで、ご希望にマッチした物件をお探しください。また、こちらから当社に直接お問い合わせいただいても結構です。どんなことでもお気軽におたずねください。
STEP2お問い合わせ・物件見学

不動産情報サイト「アットホーム」で気になる物件が見つかったら、ぜひ現地で見学してみてください。なお、ご見学をご希望の方は、下記までお電話をお願いいたします。ご都合のよい日時をご指定くいただければ、当日は当社スタッフが現地をご案内します。

電話でのお問い合わせ
048-524-7515受付:9:00~18:00(日・祝を除く)
STEP3候補の絞り込み
意中の物件をいくつか見学したうえで、購入候補を絞り込みます。
STEP4購入のお申し込み
最終候補が決定したら、いよいよご購入のお申し込みです。なお、新築物件では、申込証拠金(手付け)が発生することがあります。
STEP5住宅ローンの事前審査
土地付き一戸建てのご購入には、住宅ローンを利用される方が大半です。そこで、まずは金融機関で融資が可能かどうか、どこまで融資が下りるかを事前審査で確かめます。
STEP6重要事項の説明・契約書確認
購入物件や契約内容についてご説明します。お客様は、前日までに重要事項説明書や契約書の内容チェックをお願いいたします。疑問点などがあれば、お気軽におたずねください。
STEP7契約・住宅ローンお申し込み
契約書の内容にご異論がなければ、契約の運びとなるため、住宅ローンを正式に申し込みます。金融機関の本審査で融資が承認されると、次は当該銀行などでローン契約を締結します。
STEP8残代金のお支払い
物件の購入価格から手付金を引いた金額をお支払いいただきます。住宅ローンを利用されている場合は、金融機関から当社の口座に振り込まれるため、ご本人に対応していただく必要はありません。
STEP9物件お引き渡し
住宅ローンの決済が完了したら、物件のお引き渡しです。その後、司法書士が不動産の所有権移転登記を行います。